ニキビケア対策化粧品ランキング

石けん

長寿の里 つかってみんしゃいよか石けん

販売個数800万個突破!

「VOCE」2010年1月号ベストコスメ「洗顔コスメ」第1位獲得!!

敏感肌でも大丈夫!なんと赤ちゃんのお肌にも使えます。

桜島の火山灰で毛穴の汚れをしっかり落としてニキビケア!しかも無添加・無香料・無着色!

かんぱん(肝斑)のしみとり方法

ニキビケア

かんぱん(肝斑)のしみとり方法には、どのような方法があるのでしょうか。

かんぱん(肝斑)は、30〜40歳代の女性に多く見られ、高齢化するにつれ薄くなったりする事や、妊娠やピルの服用が関係が指摘されていることから、女性ホルモンのバランスが影響してできるしみと言われています。

通常のしみの原因の多くは紫外線によるモノが大きいのに対して、かんぱん(肝斑)は、紫外線の影響を受けなくても、発生するのです。

通常のしみとり方法として、効果が高いと言われている方法の一つに、レーザー治療があります。

しかし、かんぱん(肝斑)のしみとり方法としては、レーザー治療は反って、しみを濃くしてしまいかねませんので注意が必要です。

かんぱん(肝斑)のしみとり方法として、効果的な方法は内服薬による治療です。

トラネキサム酸の飲み薬が効果的と言われ、皮膚科などの医療機関では、このトラネキサム酸内服薬が処方される事が多いでしょう。

また、内服薬のほかに美白効果のある軟膏などを併用する事で、よりしみとりの効果が高まると言われています。




Copyright © ニキビケアでにきびを治す方法 All rights reserved